弊害が多い便秘


便秘解消 ⇒ 快調のすすめ ⇒ 弊害の数々


快調のすすめ

便秘は腸トラブルNo.1

不腸は万病のもと ←|→ 腸を快調に保つには





材料 大便が排出されずに腸内に滞ったり、通便の回数や量が異常に減少した状態を「便秘」と呼びますが、この便秘を起こすと、下腹部に残便感や膨満感をおぼえて不快です。

ただ不快だけならまだ良いのですが、腸内で硫化水素やアンモニア、インドール、トリプタンなどの有害物質を産出し、これが吸収されて様々な弊害をもたらします。

便秘には一過性単純便秘、弛緩性便秘、直腸性便秘をはじめとして幾つかに分類されますが、その内容を知っても解決にならないので、詳細は他サイトに譲ります。

また、便秘の自覚症状が無い場合でも、実際には他の病気が原因で便秘をおこしている場合もあるのでたかが「便秘」といって侮るべきものでは有りません。

便秘が長期間継続していたり、最近になって急に便秘を起こすようになった、血が混ざる、強い腹痛や嘔吐を伴う、便の太さや形が不規則になる、などの症状がある場合には、病気を疑って、専門機関を受診した方が無難でしょう。



便秘はさまざまな生活習慣病のもと


材料 腸トラブルの1つに「宿便」があります。医学的には宿便と言う定義は無いのですが、スムーズに排出されずに長時間腸内に滞留している便のことを一般的に「宿便」と呼んでいます。

便秘の状態の便自身は宿便ですね。

胃腸の処理能力を超えた分量の食べ物を摂ることや、腸の蠕動運動不足が原因でおこります。
不完全な便が腸内で留まることで、その重さで腸が伸びて膨らみ、蠕動運動が鈍化してさらに便が溜まりやすくなります。

この便には余分な糖分や脂肪分が多く含まれ、それらが体内に吸収されることによって肥満をもたらすとともに、血液をドロドロにし、
高血圧や動脈硬化、脳卒中、糖尿病などのあらゆる生活習慣病の原因になります。

また、停滞した便は腸内で発酵・腐敗が進み、いろいろな有害物質を発生させて腸の免疫力を低下させるだけでなく、体内に吸収されて、病気の原因に成ったり、老化を加速させる原因にもなります。

大腸ポリープや癌の原因にもなりますので、くれぐれも注意が必要です。
生活習慣病の予防や改善には、先ず便秘を解消することが近道となります。


腸の健康状態は皮膚にあらわれる


材料 腸の健康状態の良し悪しは皮膚にもはっきりと表れます。

皮膚にハリが無く、シミや小じわが目立って年よりも老けた肌の人は腸の機能が低下したり便秘を抱えている人、といって先ず間違いありません。

理由は大きく2つあります。

1つ目は、蛋白質不足
腸の機能が低下すると腸における蛋白質(アミノ酸)の吸収率が低下し、新しい皮膚の細胞を作る材料が不足するから。

材料が不足すると肌は薄くなってハリを失い、古い皮膚が更新されずに残り、それがシミやクスミの原因となってしまいます。
さらに、コラーゲンやエラスチンの合成も進まず、潤いや弾力が失せます。

2つ目は、有害毒素の影響
便秘や宿便の影響で有害物質が体内に吸収されると、吹き出物や湿疹の原因となります。

また腸内で有害物質の発生が始まると、これ等を放出する悪玉菌を攻撃するために活性酸素が沢山放出されます。

この活性酸素、皮膚組織にあるメラノサイトという色素細胞にまで
およびシミ・クスミが増えてしまいます。
また、活性酸素に冒された肌は新陳代謝が劣化し老化が促進されてしまいます。

肌は口ほどにものを言う」ですね。

便秘は美容の大敵でも有るんですね。肌対策は便秘解消対策でもある様です。