女性が悩む便秘の原因


便秘解消 ⇒ 快調のすすめ ⇒ 性に多い理由


快調のすすめ

女性の便秘の原因

オリゴ糖が良い ←|→ 妊娠中にも多い


女性の便秘解消法はなんですか?

便秘は一般的に男性よりも女性の方に多いと言われていて、その程度に違いはあれど、実に女性の2人に1人が便秘の悩みを持っています。

女性が便秘になりやすのには、原因があります。

●ホルモンの作用

女性ホルモンのひとつであり、妊娠初期や排卵後に大量に分泌される黄体ホルモン(エストロゲン)。

これには体に水分や塩分をため込むために、大腸の腸壁から便の水分を吸収する働きがあります。
排卵後から月経後、妊娠初期に便秘になりやすいのはこのためです。

また、妊娠したとき、この黄体ホルモンは流産しないように子宮の動きを抑制します。
これによって腸の働きも悪くなり、さらに便秘になってしまいます。

●女性の体の作り

女性は赤ちゃんを産む必要上、男性よりも骨盤が広くなっています。
骨盤が広いと、腸が骨盤内に落ち込みやすくなります。
これが女性が便秘になりやすい原因のひとつになっています。

便は腸に留まる時間が長ければ長いほど、水分を吸収されて硬くなってしまいます。
骨盤に落ち込んだ腸はクネクネと曲がって固定が悪くなり、便の通過を困難にしてしまっています。

●筋力が弱い

一般的に女性は男性よりも筋力が弱いです。
筋力が弱ければ、そのこと自体で腸の働きは悪くなってしまいます。
内臓が下がって腸を圧迫し、便秘にますます拍車をかけてしまいます。

お年寄りも筋力が弱い為、便秘になりやすくなっています。

●生活習慣

女性はどうしても人目を気にして便意を我慢してしまいがち。
さらに、運動不足やダイエットなどでも腸の働きが悪くなって便秘につながります。

そうは言っても、若い女性がデートで「ちょっとトイレで便を・・」とは相手には言いずらいですけれど。


ダイエットで便秘に


ダイエットを始めたら便秘がひどくなってしまった。そんな経験を持つ女性、多いのではないかと思います

ダイエットで便秘になるのには、それなりの理由があります。

食事量の減少で便の量も少なくなる

体に取り入れられる食事の量が減ると、それが便になって排泄されるまでに時間がかかってしまいます。

腸を川に例えるならば、そこを流れるものの量が減ってしまうわけですから。ダイエットで食事の量を減らせば、当然、便秘になりやすくなってしまいます。
そもそも、食事量を減らすダイエットは間違いなのですが、ここでは説明はしません。

ダイエットといえども、あまり極端に食事の量を減らさないことです。
そしてなるべく、食物繊維の多く含まれた食品をとるようにします。

食物繊維にはエネルギーがないので、太らずに便を増やすことができます。

栄養のバランスが悪い

かつて、「蒟蒻ダイエット」とか言って、ひとつの食品ばかりを食べ続けるダイエット方法が流行ったりしますが、これは間違いです。

ひとつの食品ばかりを食べ続ければ、当然、栄養は偏りますし、そうなれば腸を含めた全身の機能が低下してしまいます。

便秘解消に効果のある食物繊維を中心に、バランスのとれた食生活をこころがけます。

炭水化物を減らす人がいますが、生活代謝量を確保できないと、重要な蛋白質をエネルギーに変換する仕組みが働きだします。
ホルモンや血液や、免疫機構の材料が不足する事態が起こります。

詳しくは、ここでは説明はしません。


水分の不足

ダイエットで食事の量を減らすと、それにともなって水分も不足がちに。
すると、腸の中の便も水分が不足してカチコチになってしまいます。

排便を促すには、朝起きてすぐコップ一杯の水を飲むのがおすすめ。

胃になにか入れることにより、その刺激で結腸も動き出します。

また、水分不足は便秘を引き起こすだけでなく、ドロドロ血液の原因にもなります。
ダイエット中だけでなく、ふだんから水分はしっかりととります。

筋肉が落ちる

極端な食事制限のみで痩せようとすると、筋肉が落ちてしまいます。
腹筋で便を押し出す力も弱くなってしまい、便秘になってしまいます。

食事制限だけでダイエットしようとせずに、運動も取り入れる必要があります。

そもそも全消費カロリーの70%は基礎代謝(寝て生きて行くだけで必要なカロリー)です。
筋肉量を増やして基礎代謝を上げるのが一番効率の良いのダイエット法ですが、ここでは解説しません。


生理前の便秘の解消


生理前になるとPMSのひとつの症状として現れる便秘があります。

その重さは女性によって個人差が大きいですが、それほど長くは続きません。
生理が始まれば、すぐに治ってしまったりします。
けれども、やはり、早く治すに越したことはありません。

以下のような便秘解消方法を試してみると良いかもしれません。

便秘薬

手っ取り早いのは、便秘薬の服用。

便秘薬には副作用があるので、あまり強くおすすめすることはできませんが、PMSの便秘は一時的なものですし、それを和らげるためならいいと思います。

なるべく腸に優しい便秘薬を選んで、あまり依存しないよう十分に気を付けるのが良いです。

マグネシウム主体のものが常習性の影響は少ないです。センナ・アロエ・ダイオウ主体のものは、停滞腸を起こす常習性がありますので止めた方が無難です。


ヨーグルトとオリゴ糖

ヨーグルトとオリゴ糖の2つには、腸内の健康を保ち、排便を促進してくれる作用があります。
オリゴ糖をヨーグルトに入れて食べれば効果は抜群です。

食生活の改善

1日3食きっちりとるようにしましょう。

特に朝食を抜いてしまうと、イライラが悪化してしまいます。

また、主食を玄米してみるのも手です。PMSの症状を和らげるビタミン、ミネラルの他、便秘解消に効果的な食物繊維も含まれています。

運動

ウォーキングやストレッチなど軽い運動でかまいません。
体を内側から温めることによって自律神経を整え、PMSの症状を和らげることができます。

アロマオイル

PMSの症状が出ているとき、大切なことのひとつはリラックスです。
アロマオイルが効果的です。

少しぬるめのお湯にアロマオイルを数滴垂らして半身浴すると、心身ともにリフレッシュできます。

カフェインの含まれる飲みものは避ける

生理前でPMSの症状が出ているときには、カフェインの含まれる飲みもの避けるべきです。

紅茶、緑茶、コーヒーなどカフェインが含まれる飲みものは、PMSを悪化させます。

甘いもの

イライラすると、ついつい甘いものがほしくなってしまいます。PMSの症状としてイライラしているときには甘いものは控えた方が良いです。

砂糖を使った甘いものは血糖値を急激に上下させて、イライラを悪化させます。