ケールは食物繊維が豊富


便秘解消 ⇒ 快調食品素材 ⇒ ケール


快調食品素材

ケール

グルコマンナン ←|→ アセンヤク


ケール ケールは青汁の原材料として今では有名になりました。

元々は地中海地方のアブラナ科の多年草で、キャベツの変種、原種といわれていますが、結球はしません。

ケールには葉がしわになる系統と、ならない系統の2種があり、前者をケール(和名:ハゴロモカンラン)、後者をコラード(和名:カキバカンラン)と言いますが、両者を併せてケールと呼んでいます。

日本へは江戸時代に入ってきましたが、普及せず、現在のケールは明治以降に再導入されたものです。
栄養に富に、ビタミン類の含有量は緑黄色野菜の中でも突出しています。
使途の多くは青汁で、乾燥粉末の状態で用いられるサプリもあります。


ケールに含まれる栄養素(100g中)

蛋白質:3.9g
脂質 :0.6g
糖質 :7.2g
リン :67
カルシウム:225
ビタミンA :3300IU
ビタミンB1:0.15
ビタミンB2:0.325
ビタミンC :125.55

ケールの青汁には、これ等以外にも葉緑素や食物繊維が豊富にふくまれていて、腸内環境を整えるほか、肝機能を高めたり、血中コレステロールを低下させて高血圧の予防や改善、血糖値を正常に戻すなどの働きがあります。


これは、乾燥粉末の場合にもあてはまります。