妊娠中の便秘の原因


便秘解消 ⇒ 快調のすすめ ⇒ 妊娠中にも多い


快調のすすめ

妊娠中の便秘の原因

女性に多い理由 ←|→ 女性にオススメの解消法


妊娠中は多くの女性が便秘になります。
けれども、妊娠の段階によってその原因も違ってきますので、順を追ってみると次の様になります。

妊娠初期の便秘

PMSの症状のひとつとして便秘が起こるということは、前に説明しました。

これは生理前に黄体ホルモンが大量に分泌されることが原因ですが、妊娠してからもこれは同じです。
妊娠4ヶ月くらいまでは、これを原因として便秘になりやすくなります。

つわりのせいで食事の量も減ってしまうと、便秘はさらにひどくなってしまいます。
お腹の赤ちゃんが気になって、トイレでも思い切りいきめないということもあると思います。

しかし、妊娠初期を過ぎれば、黄体ホルモンの分泌される量も減り、つわりも治まって、便秘の症状も一時は治まります。


妊娠中期の便秘


妊娠初期の便秘が過ぎ去っても、今度は中期の便秘がやってきます。お腹が大きくなってきたという物理的なことが原因です。

子宮が大きくなり、腸を圧迫して便のお通じを悪くしてしまいます。

また、大きくなった子宮は血管をも圧迫し、下半身をうっ血させてしまいます。
これによって痔になり、その痛みで便意を我慢してしまい、さらに便秘をひどくします。

水分をたくさんとって、自然な形で排便できるようにします。
お母さんが便秘でストレスをためてしまうと、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。

出産後の便秘

出産してからも便秘になってしまう、その原因は2つ。

1. 母乳に水分をとられて水分不足になってしまうことと、
2. 出産時に会陰切開したときの傷が痛んで便意を我慢してしまうこと。


便秘解消のため、そして母乳の出を良くするためにも、出産してからもたっぷりと水分をとるのが良いです。


妊婦が気をつけたい便秘薬


妊娠中の便秘薬の服用は便秘解消に影響

それを手っ取り早く治してしまう方法として便秘薬の服用があります。
妊娠中の便秘薬の服用にはちょっと抵抗を感じてしまうお母さんもいるのと思います

特に妊娠5〜12週は赤ちゃんがもっとも薬の影響を受けやすい時期ですし、お母さんの便秘薬の服用によって、本当に最悪の場合ですが、早産や流産に至るという可能性もまったくのゼロというわけではありません。

しかし、お医者さんによっては、妊婦さんから相談を受けると、酸化マグネシウム系の便秘薬を処方したり、市販の便秘薬をすすめてくることもあります。

妊婦さんにおすすめの便秘薬

妊娠中の便秘薬は基本的にお医者さんに処方してもらうのがいちばんいいのですが、自分で市販の薬を購入する場合は、以下のものが良いと思います。

漢方薬

漢方薬は効き目が穏やかなので、便秘に悩まされている妊婦さんにも安心。

ただし、購入する前に成分表を必ずよくチェックをし、センナ・アロエ・ダイオウが含まれているものは避けます。

単なる腸刺激による下剤です。常習性があり、腸の黒ずみを起こし、動きを悪くします。
刺激が強すぎ、下痢の原因になってしまうこともあります。

ハーブティー

便秘解消に効果もありハーブティー。

含まれているカフェインの量も少ないので、妊婦さんにもおすすめです。
ローズヒップティーなど色々ありますので、試すと良いです。

ビタミンCが豊富で、美肌効果があるといわれています。