ラクチュロースの整腸作用


便秘解消 ⇒ 快調食品素材 ⇒ ラクチュロース


快調食品素材

ラクチュロースの特長と効用

|→ 多穀麹





ラクチュロースはオリゴ糖の一種で整腸効果を発揮。
ラクチュロース
ラクチュロースと言う言葉に聞き覚えの無い方も多いと思います。
オリゴ糖の一種で優れた整腸作用がある事で知られています。

オリゴ糖は、単糖が2〜10個結合した糖類の総称で、豆やタマネギ、バナナ、醤油、清酒、母乳などに少量含まれています。

ラクチュロースはビフィズス菌や乳酸菌類、フェカリス菌の餌となってこれ等を増殖させる一方、悪玉菌の大腸菌やウェルッシ菌などの病原菌の餌とはならない特徴を持っています。

また、オリゴ糖を分解する酵素が腸内に無いため、腸で吸収されてカロリーになる事もありません。
その為、ラクチュロースを摂取すると、腸内の善玉菌が増殖して、腸内環境を善玉菌優位の状態をもたらして呉れます。

ラクチュロース(オリゴ糖)摂取の効用

腸内の腐敗物質や発がん性物質などの毒素形成が減少して腸がキレイになり肝臓の負担も減る
便通を改善して、便秘の解消になる。
皮膚トラブルを解消して美肌効果をもたらす。
がんの予防になる
カロリーと成らないため、肥満防止に役立つ

最近ではイソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖などいろいろなオリゴ糖が開発され販売されています。
元々ラクチュロースがきっかけで開発が進んだ結果です。

ラクチュロースの特性

・フラクトース(果糖)とガラクトースからなる2糖類
・水に良く溶ける無臭の白色結晶粉末
・甘味度は乳糖の1.5倍、砂糖の0.6倍
・胃や小腸では消化されず大腸にまで運ばれる
・大腸内の善玉菌の餌となり一部は有機酸となって吸収される
・カロリーが低く、2kcal/gで通常の糖類の半分程度

・血糖値の上昇がほとんど無い


このため、ラクチュロースを摂取する事を凡そ次の効果が期待できます。

食物繊維と同じ様な働きをして、便の水分量を増やす。便を柔らかくして便秘を予防する。
ビフィズス菌類を増殖させ腸内環境を整える
ビフィズス菌がラクチュロースを餌としたとき、一部有機酸を産出し、ミネラルの吸収を助ける。
  したがってラクチュロースと一緒にカルシウム・マグネシウムを摂取すると吸収が促進される。
結果として骨を丈夫にする。
腸内アンモニア等の生産が抑制される為、体臭が軽減される。
ビフィズス菌の免疫力向上作用で、身体の免疫力が向上する
肝性脳症の原因となるアンモニア血症の予防や改善に役立つ。

ラクチュロースは様々な効用があり、現代人には欠かせないものの様です。
通常はオリゴ糖として市販されていますので、それを使用すれば良いと思います。

但し、スーパーなどに有る液体状のものは純度は余り高く有りませんし、他糖も含んでいます。
粉末結晶状のものが純度が高く最適です。舐めて見て、余り甘さを感じなければ純度が高いものです。