シャンピニオンエキスでビフィズス菌増加


便秘解消 ⇒ 快調食品素材 ⇒ シャンピニオンエキス


快調食品素材

シャンピニオンエキスの特長

アセンヤク ←|→ ヨモギ乾燥エキス


シャンピニオン シャンピニオンはフランス語で通常日本では英語のマッシュルームと呼んでいます。

シャンピニオンエキスはハラタケ科のきのこ「シャンピニオン」から抽出したエキスです。

シャンピニオンエキスの栄養素
 ・グルタミン酸
 ・アラニン、スレオニン
 ・ポリフェノール
 ・フラボノイド
 ・多糖類
 ・ビタミン
 ・ミネラル類

ビタミンB2の含有量はきのこ中1位です。

ビタミンB2は口内炎、舌炎、肌荒れ防止に効果のあることが知れれていて、最近では動脈硬化、自律神経障害、肝炎、アトピーなどのほか、がんの誘引となる過酸化脂質や活性酸素を無毒化する作用があることが解り注目されています。


最近の食生活洋風化に伴う腸内環境の悪化(悪玉菌優位)により、硫化水素やアンモニアの発生による口臭・体臭が強くなったり便秘を起こす人が増えてきました。

シャンピニオンには、消臭作用と腸内環境改善作用があって、口臭・体臭の除去、便秘の予防や解消の作用のある事も解って来ました。

シャンピニオンエキスの次の働きによるものと考えられています。

アミノ酸が腸内で発生したアンモニアやアミンを中和する。
ポリフェノール・フラボノイドがアミン類を結合して無臭化する
多糖類が構造の中に臭い成分を閉じ込めて無臭化する

また、便秘解消・改善は、シャンピニオンエキスに含まれる食物繊維がビフィズス菌を増加させ、腸内環境を善玉菌優位にするからです。