便秘の不快症状


便秘解消 ⇒ 快調のすすめ ⇒ 苦しい症状


快調のすすめ

便秘の症状

種類が多い ←|→ オリゴ糖が良い


便秘が続くと、以下のような色々な辛い症状が現れます。

○お腹の張り

便秘が続くと腸内の悪玉菌が増殖し、これが腸内の食べものを腐敗発酵させてガスを発生させます。

便秘で出口も塞がってしまっているため、発生したガスは外に出ることもできず、腸内にたまってお腹をパンパンにしてしまいます。
また、便秘の人のガス(おなら)は匂いも強烈になります。

腸は体の新陳代謝なども材料である栄養を吸収する大切な器官です。便秘はこれを阻害する為、以下の美容面や以下の様な症状が出てきます。

○肌荒れ

肌の張り、ツヤがなくなり、クスミができるなどの肌のトラブル。

これは便秘によって自律神経の働きが低下し、皮膚の血行が悪くなってしまっているため。

吹き出物やニキビができたりもしますが、これは便として排出することのできない老廃物や毒素を皮膚から出そうとする働きによるものです。
体の内側から来るものなので、塗り薬で治すことはできません。

○頭痛、肩こり、腰痛

頭痛も便秘によって自律神経の働きが低下してしまっていることが原因です。

自律神経のひとつである副交感神経には血管の拡張や縮小をコントロールする働きがあり、この働きが乱されることによって片頭痛が起こります。

また、腸内に大量に発生したガスは体の各所を圧迫して、肩こりや腰痛を引き起こします。
これら便秘を原因とする痛みは、頭痛薬や痛み止めを飲んでも一時的に症状を和らげることにしかなりません。

○食欲不振

便秘で食欲不振になる原因はまだあまりよくわかっていません。
が、腸の働きが悪くなったことで、他の消化器官にも悪い影響を与えているからではないかと考えられています。

便秘は百害有って1利なしです。